飛蚊症の特徴

飛蚊症の特徴

目の前にごみや蚊のようなものが見えるといった症状を飛蚊症といいます。
原因というのは、生理的なものや加齢などが存在します。あなたもそのような感覚というのは無いでしょうか?


これについては、形は色々あります。糸くずなどや丸い輪が見えるという場合もあるわけです。視線を移動させると、それに合わせてゴミも動きます。明るいところでは余計にはっきり見えます。また、多い人というのは数十個見えるという場合もあるわけです。白いものがバックの場合にこのゴミのようなものがよく見えるというわけです。


この飛蚊症というのは眼の中の硝子体というのが混濁したものであると言われています。硝子体の手術がその治療法ですが、これはかなりリスクが高いものです。そのため、日本国内であれば、手術を行うというのは殆どないでしょう。


また、視力に関しては問題が存在しないため、治療をしないことがほとんどです。生理的な飛蚊症というのは、加齢などではなく若い時から糸くずが見えるといった症状の人々です。そのため、生まれつきと考えても良いと思います。


もちろん、人によっては程度の差が存在することでしょう。また、誰でも同じものが見えるといったわけではないです。実際にはほとんどの人が程度の差はあったとしても、飛蚊症の症状を持っている人もいるわけです。


硝子体の混濁などが発生する原因としては、糖尿病などが原因であるケースも考えられます。そのため、硝子体の混濁などが心配であれば眼科で見てもらってはいかがでしょうか。網膜剥離などの網膜の異常である場合ということもあるわけです。


また、いずれにしても飛蚊症というのを根本的に治してしまう治療法というのは現在の日本国内では存在しないということを理解してください。


ですが、インターネットなどを見ている、飛蚊症でお悩みの方が非常に多いようです。ごみが目の前を飛んでいるわけですから、とても気になりやすいと思います。場合によってはお仕事などに支障があるという人もいるかもしれません。

2012年6月30日|

カテゴリー:飛蚊症の治療