飛蚊症と眼底検査

飛蚊症と眼底検査

眼球の中の硝子体と呼ばれているものに、浮遊物が存在するためにそのような見え方をするわけです。
目の前を蚊が飛んでいるように見えるといった状態を飛蚊症といいます。
飛蚊症というのは、生理的なものの場合は、心配ないのですが、病気による場合というのは、注意する必要があるでしょう。
網膜出血や硝子体出血や網膜裂孔及び網膜剥離などといった初期の段階というのは、飛蚊症といったものになることがあるでしょう。

眼科における検査においては、眼底検査と呼ばれるものです。
放置していた場合なのですが、これらの病気というのは失明してしまうという可能性があるため、眼科で検査してもらうということが大切でしょう。

散瞳眼底検査のことについて説明します。
網膜裂孔というのは、網膜の中に穴や裂け目があるといった状態を言います。
この裂け目においてできるものというのは、網膜の周辺です。

ここでは、検査をするために薬で瞳孔を開いた状態にします。

そして眼球の内部を確認するわけです。
通常の健康診断などで行われている眼底検査というのは薬を使わないものです。
そのため、瞳孔が開いたという状態であるわけではありませんので、検査としては十分とは言えないわけです。
網膜剥離というのは初期の散瞳眼底検査でなければ発見できないものです。

検査というのは目薬を差すというところから始まります。
瞳孔が約30分程度で開いた状態となります。
この際、焦点を合わせると機能がマヒしてしまっているため、光が眩しかったり、近くのものがぼやけて見えたりするわけです。

検査時というのは眩しいわけですが、痛みなどは無いでしょう。
瞳孔が検査後は開いているため、車の運転などは数時間はすることができません。
眼底検査などにより、発見される病としては、緑内障、白内障、ぶどう膜炎、網膜裂孔眼底出血などがあるでしょう。

2012年1月 7日|

カテゴリー:飛蚊症の原因