飛蚊症について

飛蚊症について

『飛蚊症』というのは、目の病気の一つです。
聞いたことがないという人もいるでしょうが、眼科ではありふれた症状となっています。
では、この飛蚊症について説明いたします。


飛蚊症というのは、蚊のようなものが視界の中に見えるといった症状になります。
これは、時には黒い影だったり、時には糸くずだったりするようです。
飛蚊症は、視点を変えたりすると動きまわるように感じます。


大抵の場合は、加齢と共にみられることが多いです。
ですが、飛蚊症というのは、目の機能としては支障があるというわけではないのです。


ただし、時には網膜剥離などの初期症状である場合もあるようです。さらに、糖尿病の場合にも、網膜症になってしまう初期段階として飛蚊症がみられるようです。そのため、心配な場合は眼科に行って受診をしましょう。


眼の構造というのは、眼科や学校などで、断面図を見たことがあると思うのですが、球状の硝子体というのがあります。本来はこの硝子体というのは透明なのですが、混濁によってゴミのように見えてしまうというのが飛蚊症の原因なのです。この硝子体の混濁の原因というのは幾つか考えられます。

生理的飛蚊症である場合は、病気ではなくて、生まれつきのものであると言えます。


後部硝子体剥離は強度の近視や加齢目の打撲によって発生します。その他にも網膜剥離や網膜裂孔、ぶどう膜炎などの病気である場合もあるようです。一般的には近視が強度である場合は飛蚊症になりやすいようです。


飛蚊症の治療というのは、硝子体を手術することにより可能になります。ですが、硝子体の手術というのは大きなリスクが伴う事になります。現実的には飛蚊症を治すために手術をすることはありません。というより、海外などでは飛蚊症の手術を行われているケースもあるのですが、手術を行ったとして効果がないケースも多いようです。

2012年7月25日|

カテゴリー:飛蚊症の原因