飛蚊症の対策

飛蚊症の対策

飛蚊症についての対策というのを考えるときには、その発生について、メカニズムというのを把握しておくということも大事でしょう。


通常は飛蚊症というのは、老化が原因であると考えられています。また、眼に入ってくる紫外線などによって活性酸素が発生します。


活性酸素というのは肌の老化などによっても、話が出てくるということもあります。若い時であるならば、問題というわけではありませんが、歳を取ってくると活性酸素を分解するための酵素の働きというものが鈍ってくるわけです。その結果組織が酸化してしまい飛蚊症になるというわけです。


近年の傾向といたしましては、若年者においても活性酸素を分解できず、飛蚊症になるという人が増えているようです。


眼球というのは硝子体と呼ばれるゲル状の物質というのがあります。
この硝子体というのは濁ることがあるため、飛蚊症のように、虫が飛んでいたりするという映像が見えてしまうわけです。硝子体の中に存在する線維が水から分離して、硝子体の中に浮いているというわけです。


飛蚊症においての原因というのは活性酸素であって、その発生源というのは紫外線です。そのため、紫外線の対策というのを第一に考える必要があるでしょう。


テレビやパソコンから発生する紫外線も無視できないため、長い時間の連続使用というのは極力避ける必要があるでしょう。さらに、外出をしたりする時には、UVカット付きのメガネやサングラスなどを使用することも良いことだと思います。


さらに、入ってくる紫外線の量を減らしたり、発生した活性酸素を分解してしまう能力を高めるということが対策と言えるでしょう。活性酸素を分解するための酵素はストレスや加齢などによって分泌量が減少すると言われています。


食生活の栄養バランスについて考えるということと、サプリメントなどにより補給するということも大切だと思います。これらの対策を取る事により、飛蚊症というのは改善される可能性があるかもしれません。

2012年7月12日|

カテゴリー:飛蚊症の原因