飛蚊症と硝子体混濁

飛蚊症と硝子体混濁

硝子体と呼ばれる物質が眼球の中にはあります。これは、繊維と水分からできておりゲル状の物質です。硝子体の内部が老化によって変質し、繊維と水分に分離していくのです。この繊維が浮遊物となり、眼に見えるわけです。この浮遊物が飛蚊症の正体なのです。


このタイプの飛蚊症というのは生理的飛蚊症と呼ばれていて、病気ではないので心配する必要はありません。これは老化現象であり硝子体の混濁です。


ですが、いつまでも若い瞳を守りたいということであるなら、硝子体が老化してしまわないようにして心掛ける必要があります。目の健康のためには、ブルーベリーやルティンが効果的であると言われているようです。


何故これらが効果的であるかというと、活性酸素を分解してしまう抗酸化作用が高いからです。


さて、あなたはどのようなことを目の健康のためにしているでしょうか。目が疲れた場合は、休息を適切に摂るということが大切です。


ですが、仕事の内容によっては、目を酷使してしまうこともあるでしょう。そのためにも、サプリメントは欠かせない存在であると言えるでしょう。現代人というのは、目にストレスをかけすぎている傾向があるのかもしれません。


そのため、その補完としてサプリメントが必要であると言えるでしょう。目の健康を補う食事というのは日常の食事ではそれほど多くはないのです。どのような栄養素が目に良いかということについては、ネットなどで検索してみるとよいでしょうね。


さらに、サプリメントだけに頼らず、栄養を日常の食事で摂ることができれば、尚良いでしょう。さらに、ストレスなども活性酸素を増やしてしまいます。ストレスが飛蚊症に影響すると言われているのは、そのためだと言えるでしょう。


そのため、ストレスが多いと老化を早めてしまうということにも繋がるわけです。私たちもこれをご覧になっている方々もいつまでも健康な目でいたいものですね。

2012年6月25日|

カテゴリー:飛蚊症の原因