飛蚊症と網膜裂孔

飛蚊症と網膜裂孔

網膜裂孔といいますのは、網膜に穴があいてしまう、もしくは裂け目が入ってしまう現象なのです。

網膜というのは網膜の眼球の内壁を覆っている膜であるため、眼球から入ってきた映像を認識するための大切なモノです。
そのため、穴が網膜にあいてしまうとそこから網膜剥離が始まっていきます。

そして最終的には失明してしまうわけです。

この網膜裂孔の初期には光が見える光視症と呼ばれている自覚症状があるケースが殆どです。
また飛蚊症の場合には網膜裂孔がある場合もあります。

一般的な飛蚊症というのはそれほど心配する必要はないのですが、光視症と同時に起こるといった場合には要注意でしょう。

網膜裂孔が見つかった場合には、できるだけ早く手術をする必要があるのです。
そのため、早期治療と早期発見というのが要です。

昔と違って失明するというわけではないのですが、処置が遅れて失明するという人もいるわけです。
眼底検査などを行えば網膜裂孔を発見できます。

年齢の傾向としては50代から60代が一番多く見受けられます。
光視症も飛蚊症も老化によるものと考えられています。
それ以外の病気であるということも時にはあるのです。

黒い点や虫のようなものが視野の中に見えるものが飛蚊症というものです。
視点を移動させると一緒になって移動します。

通常は慣れてしまうため気にならなくなるのですが、飛蚊症の症状が急に悪くなってきたり、
視野が狭くなってきたら網膜剥離や網膜裂孔の症状であると考える必要があるでしょう。
そのため、そういった症状がある場合はすぐに眼科で検査してもらいましょう。

若い人には網膜剥離が出るというケースもあります。
ですが、若い人というのは中高年において網膜剥離と別のものと考えたほうが良いでしょう。
症状が同じようなのですが、その後の進行性の仕方が違うわけです。

2012年4月18日|

カテゴリー:飛蚊症の原因