飛蚊症の原因

飛蚊症について

『飛蚊症』というのは、目の病気の一つです。
聞いたことがないという人もいるでしょうが、眼科ではありふれた症状となっています。
では、この飛蚊症について説明いたします。


飛蚊症というのは、蚊のようなものが視界の中に見えるといった症状になります。
これは、時には黒い影だったり、時には糸くずだったりするようです。
飛蚊症は、視点を変えたりすると動きまわるように感じます。


大抵の場合は、加齢と共にみられることが多いです。
ですが、飛蚊症というのは、目の機能としては支障があるというわけではないのです。


ただし、時には網膜剥離などの初期症状である場合もあるようです。さらに、糖尿病の場合にも、網膜症になってしまう初期段階として飛蚊症がみられるようです。そのため、心配な場合は眼科に行って受診をしましょう。


眼の構造というのは、眼科や学校などで、断面図を見たことがあると思うのですが、球状の硝子体というのがあります。本来はこの硝子体というのは透明なのですが、混濁によってゴミのように見えてしまうというのが飛蚊症の原因なのです。この硝子体の混濁の原因というのは幾つか考えられます。

生理的飛蚊症である場合は、病気ではなくて、生まれつきのものであると言えます。


後部硝子体剥離は強度の近視や加齢目の打撲によって発生します。その他にも網膜剥離や網膜裂孔、ぶどう膜炎などの病気である場合もあるようです。一般的には近視が強度である場合は飛蚊症になりやすいようです。


飛蚊症の治療というのは、硝子体を手術することにより可能になります。ですが、硝子体の手術というのは大きなリスクが伴う事になります。現実的には飛蚊症を治すために手術をすることはありません。というより、海外などでは飛蚊症の手術を行われているケースもあるのですが、手術を行ったとして効果がないケースも多いようです。

2012年7月25日|

カテゴリー:飛蚊症の原因

飛蚊症と生活

日常生活の中において、飛蚊症にならないように気を付けておくという必要はあるのでしょうか。
飛蚊症は近視を治すということができないということと同様に治すということはできません。
そのため、飛蚊症にならないということを考える必要があるでしょう。

元来我々は、眼が疲労した場合というのは、眼をつむるということをするでしょう。
場合によっては目薬をさすということもあるでしょう。

そういったことで、眼を疲れさせないということが飛蚊症にとっては良いことだと思います。

さらに、目の健康を考えるためのサプリメントを服用するということも良いでしょう。
眼が疲れているということを自覚するということはできるのですが、眼の病気というのは中々自覚できないということが多いです。
飛蚊症というのは元来誰にでも起こりうるのですが、大抵の人はそのまま無意識に慣れてしまうようです。
そのため、飛蚊症で眼科に訪れるという人は通常少ないと考えて良いと思います。
そのため、どうしても気になるという人だけ眼科で見てもらえば良いということです。
日常生活の中で眼が見えなくなるということは非常に困るでしょうが、実は飛蚊症というのは気になるという人も中にはいるかもしれないですが、生活にはほとんど支障がありません。
そもそも視力が低下するというわけではないからです。

眼の病としてあげられるものとしては、緑内障や白内障というのが存在します。
これらは生活に明らかに影響するため、病気としては認識されていないと思います。

そのため、飛蚊症というのは病気ではないと考えられている人も多いかもしれません。
そのため、眼にできたシワのようなものであると言えるでしょう。
通常は老化により必然的に生じるというものです。

そのため、そのような面というのは否定はできないのですが、他の病気などが原因により飛蚊症になるといったケースも存在します。急に飛蚊症になったということであれば、一度眼科で検査を受けてみるということも良いかもしれません。糖尿病が原因で飛蚊症の症状が出ている場合がありますので気をつけてください。

2012年7月17日|

カテゴリー:飛蚊症の原因

飛蚊症の対策

飛蚊症についての対策というのを考えるときには、その発生について、メカニズムというのを把握しておくということも大事でしょう。


通常は飛蚊症というのは、老化が原因であると考えられています。また、眼に入ってくる紫外線などによって活性酸素が発生します。


活性酸素というのは肌の老化などによっても、話が出てくるということもあります。若い時であるならば、問題というわけではありませんが、歳を取ってくると活性酸素を分解するための酵素の働きというものが鈍ってくるわけです。その結果組織が酸化してしまい飛蚊症になるというわけです。


近年の傾向といたしましては、若年者においても活性酸素を分解できず、飛蚊症になるという人が増えているようです。


眼球というのは硝子体と呼ばれるゲル状の物質というのがあります。
この硝子体というのは濁ることがあるため、飛蚊症のように、虫が飛んでいたりするという映像が見えてしまうわけです。硝子体の中に存在する線維が水から分離して、硝子体の中に浮いているというわけです。


飛蚊症においての原因というのは活性酸素であって、その発生源というのは紫外線です。そのため、紫外線の対策というのを第一に考える必要があるでしょう。


テレビやパソコンから発生する紫外線も無視できないため、長い時間の連続使用というのは極力避ける必要があるでしょう。さらに、外出をしたりする時には、UVカット付きのメガネやサングラスなどを使用することも良いことだと思います。


さらに、入ってくる紫外線の量を減らしたり、発生した活性酸素を分解してしまう能力を高めるということが対策と言えるでしょう。活性酸素を分解するための酵素はストレスや加齢などによって分泌量が減少すると言われています。


食生活の栄養バランスについて考えるということと、サプリメントなどにより補給するということも大切だと思います。これらの対策を取る事により、飛蚊症というのは改善される可能性があるかもしれません。

2012年7月12日|

カテゴリー:飛蚊症の原因

飛蚊症と硝子体混濁

硝子体と呼ばれる物質が眼球の中にはあります。これは、繊維と水分からできておりゲル状の物質です。硝子体の内部が老化によって変質し、繊維と水分に分離していくのです。この繊維が浮遊物となり、眼に見えるわけです。この浮遊物が飛蚊症の正体なのです。


このタイプの飛蚊症というのは生理的飛蚊症と呼ばれていて、病気ではないので心配する必要はありません。これは老化現象であり硝子体の混濁です。


ですが、いつまでも若い瞳を守りたいということであるなら、硝子体が老化してしまわないようにして心掛ける必要があります。目の健康のためには、ブルーベリーやルティンが効果的であると言われているようです。


何故これらが効果的であるかというと、活性酸素を分解してしまう抗酸化作用が高いからです。


さて、あなたはどのようなことを目の健康のためにしているでしょうか。目が疲れた場合は、休息を適切に摂るということが大切です。


ですが、仕事の内容によっては、目を酷使してしまうこともあるでしょう。そのためにも、サプリメントは欠かせない存在であると言えるでしょう。現代人というのは、目にストレスをかけすぎている傾向があるのかもしれません。


そのため、その補完としてサプリメントが必要であると言えるでしょう。目の健康を補う食事というのは日常の食事ではそれほど多くはないのです。どのような栄養素が目に良いかということについては、ネットなどで検索してみるとよいでしょうね。


さらに、サプリメントだけに頼らず、栄養を日常の食事で摂ることができれば、尚良いでしょう。さらに、ストレスなども活性酸素を増やしてしまいます。ストレスが飛蚊症に影響すると言われているのは、そのためだと言えるでしょう。


そのため、ストレスが多いと老化を早めてしまうということにも繋がるわけです。私たちもこれをご覧になっている方々もいつまでも健康な目でいたいものですね。

2012年6月25日|

カテゴリー:飛蚊症の原因

飛蚊症の症状

老化現象により視力の衰えが出るということはよくあります。


飛蚊症というのは目に関する症状として最もありふれたものです。また、飛蚊症というのはその名のとおり、蚊が飛んでいるように見える症状なのです。人によっては糸くずや黒い点といったこともあります。色々な形があります。


眼の奥にある硝子体というのは線維と水分で構成されているのです。その中の線維が水分と分離し、ゴミのように見えるわけです。眼の中に存在するため、眼をあけている限りは見えるということになるでしょう。


これは、最初のうちは気になるということもあるかもしれないですが、慣れてしまえば気にならなくなってくるでしょう。


飛蚊症という名前は知らなかったとしても、眼の中に存在する糸くずというのは多くの人が自覚していることでしょう。飛蚊症というのは硝子体の中の線維が見えているということになるのですが、見えている景色が暗いといった場合にはあまり見えません。背景が白い場合に最もはっきりと見えるそうです。


そのため、日常生活においては支障はほとんど無いといった症状と言えるでしょう。
気になる場合でも確実な治療法は存在しません。また、自然と治るという場合もありませんので、飛蚊症というのは一生付き合っていかなければならないというわけです。


あなたの眼というのは大丈夫ですか?


飛蚊症ではないという人でも気になるという人でも眼を大切にするとよいでしょう。サプリメントとしてはルティンなどが注目されています。


悪くなる前から飲むことにより、飛蚊症を避けられる可能性があるでしょう。ネットで飛蚊症の情報を入手しても良いのですが悩んでいるというほどでなかったとしても、もし改善するというのであればなんとかしたいと思っている人も多いでしょう。

2012年6月15日|

カテゴリー:飛蚊症の原因

飛蚊症の原因

飛蚊症というのを、あなたは知っているでしょうか。

名前などは聞いたことがないとしても、糸くずのようなものが自分の眼の中に見えるといった経験を持っている方はいることでしょう。
視線を移したりすると、糸くずも一緒に移動するというふうな症状です。

人によって個人差はあるのですが、蚊が飛んでいるように見えるという方もいらっしゃいますし、黒い輪のように見えるという方もいらっしゃるそうです。

人によって形は様々ですが、原因は同じです。

眼球の中に存在する硝子体というものが混濁してきたために見えてくる症状です。

硝子体というのは、繊維と水分によって作られているのですが、

水分と繊維が分離することにより、糸くずに見えるというわけです。

実はこの症状について、解消するという方法は存在しません。

いつも見えているため、慣れてしまうということがほとんどでしょう。
治療をどうしても行いたいという場合については、手術が必要になります。

しかし、手術についてはリスクが高くて、確実に改善するという保証も存在しません。

そのため、日本では、飛蚊症についての手術を行うということはないといっても過言ではないでしょう。

国外などでは、条件付きではあるものの、手術が実施されるというケースもあるそうですが、これも確実なものではありません。

そのため、飛蚊症についての治療を行うために、国外に行くというのも、無駄と言えるのかもしれません。

飛蚊症の多くの原因というのは、老化によって引き起こされるものです。

若い人が飛蚊症になるケースで多いのは、強い近視によって起きるという場合が多いそうです。
しかし、その理由についてはよくわかっていません。

ですが、老化が起きると体のあちこちが機能低下を起こしてしまうということはあるでしょう。
硝子体についても、同じことが言えるでしょう。
さらに、日常生活を送る上では、飛蚊症で困るということは、ほとんど存在しません。

視力自体が衰えているというわけではないからです。
飛蚊症についての程度というのは、人によってまちまちでしょう。
多い人では、数十本も糸くずが見えるという人もいるそうです。

そのため、飛蚊症などにならないように、サプリメントなどを飲んでいるという方々もいらっしゃるそうです。

2012年6月 7日|

カテゴリー:飛蚊症の原因

飛蚊症は治るのか

実は、現実的には飛蚊症というのを治すための治療法は存在しません。

飛蚊症というのは、一般的には目の病気というわけではないと言われているのですが、できれば治したいと思っている人も多いのではないでしょうか。

一般的には飛蚊症自体は、老化によるものがほとんどなのですが、目の病気が原因で飛蚊症になるというケースも存在します。

硝子体の大半の内容物が水分です。

また、硝子体の原因となる病気を治すということにより、飛蚊症というのは治ることがあります。
硝子体の混濁が原因の飛蚊症ですがそれは老化にともなって飛蚊症の成分というのが変化しているからです。

飛蚊症だけが目の老化現象として現れるというわけではないのです。
弾力のあるゲル状になっているのが若い時ですが、水分と線維が加齢と共に分離していきます。
つまり弾力がないさらさらなゲルになってしまうのです。

確実に飛蚊症を治すということはできないのですが、改善をするということは可能です。
飛蚊症は病気になって放置しておくと、最悪の場合は失明してしまうということになります。
硝子体の水分が分離してしまっては、網膜への影響が避けられないというわけです。

大切なのは抗酵素機能などを持つ栄養素と言えるでしょう。

サプリメントなどではルテインが最も有名かもしれません。
結局のところ、眼に良い栄養素を取るということが大切でしょう。

それらを気長に服用し続けるというのが大切でしょう。
サプリメントを服用したからといって、すぐに飛蚊症が改善するというわけではないのですから。
また、ネットなどの広告というのも沢山見受けられます。

さらに体などと同様に、眼の健康というのも、1日にして成らずでしょう。
毎日地道に続けていくということが健康のための秘訣というわけです。

飛蚊症というのがひどくなると、改善が困難になるということもあるので、服用を中高年になる前からしておくということも良いかもしれません。

是非一生健康な眼で過ごしてみるということを考えてみてはいかがでしょうか。

2012年5月10日|

カテゴリー:飛蚊症の原因

光視症とは

視野の隅がピカッと光って見えたり、光の玉が見えるようになる症状を言います。

原因は老化で小さくなった硝子体が網膜を引っ張っていることから起こります。

光視症は必ずしも網膜剥離や、網膜裂孔の兆候ではありませんが、このような症状がしばらく続くのでしたら、早めに眼科医の診察を受けましょう。

自己判断せずにとにかく一度は眼科で見てもらってください。

2012年4月19日|

カテゴリー:飛蚊症の原因

飛蚊症と網膜裂孔

網膜裂孔といいますのは、網膜に穴があいてしまう、もしくは裂け目が入ってしまう現象なのです。

網膜というのは網膜の眼球の内壁を覆っている膜であるため、眼球から入ってきた映像を認識するための大切なモノです。
そのため、穴が網膜にあいてしまうとそこから網膜剥離が始まっていきます。

そして最終的には失明してしまうわけです。

この網膜裂孔の初期には光が見える光視症と呼ばれている自覚症状があるケースが殆どです。
また飛蚊症の場合には網膜裂孔がある場合もあります。

一般的な飛蚊症というのはそれほど心配する必要はないのですが、光視症と同時に起こるといった場合には要注意でしょう。

網膜裂孔が見つかった場合には、できるだけ早く手術をする必要があるのです。
そのため、早期治療と早期発見というのが要です。

昔と違って失明するというわけではないのですが、処置が遅れて失明するという人もいるわけです。
眼底検査などを行えば網膜裂孔を発見できます。

年齢の傾向としては50代から60代が一番多く見受けられます。
光視症も飛蚊症も老化によるものと考えられています。
それ以外の病気であるということも時にはあるのです。

黒い点や虫のようなものが視野の中に見えるものが飛蚊症というものです。
視点を移動させると一緒になって移動します。

通常は慣れてしまうため気にならなくなるのですが、飛蚊症の症状が急に悪くなってきたり、
視野が狭くなってきたら網膜剥離や網膜裂孔の症状であると考える必要があるでしょう。
そのため、そういった症状がある場合はすぐに眼科で検査してもらいましょう。

若い人には網膜剥離が出るというケースもあります。
ですが、若い人というのは中高年において網膜剥離と別のものと考えたほうが良いでしょう。
症状が同じようなのですが、その後の進行性の仕方が違うわけです。

2012年4月18日|

カテゴリー:飛蚊症の原因

飛蚊症と年齢

体のいたるところの衰えは、年令を重ねるごとに発生していきます。
また、眼というのも同じように衰えていきます。
視力などの低下もあるのですが、硝子体が混濁し、加齢などが飛蚊症の原因と考えられています。
飛蚊症というのは、本来であるならば、透明であるはずの硝子体というのが濁ってしまうといったものです。
成分としては含まれている線維の形が見えるというわけでしょう。
蚊が飛んでいるというように時には見えますので、飛蚊症と呼ばれているわけです。

私たちの体というのは、老化により衰えていくのですが、アンチエイジングなどの考え方により、老化をある程度遅らせるということはできるわけです。
その点については、飛蚊症についてもあてはまります。
さらに、眼にやさしいと一般的に言われているサプリメントなどを服用することにより、眼の老化を防いで、飛蚊症の発生を遅らせるということができます。

飛蚊症というのは、年齢が原因というわけではないという場合もあります。
それは近視です。
近視の程度というのは人によって違うのですが、近視だと飛蚊症になりやすい傾向が強いということが分かっています。

ですが、実は直接的な原因というのは分かっていません。
ですが、飛蚊症になったからといって悩む必要はないのです。
大抵の場合は何の問題も存在しないからです。

結局のところ気にしなければ良いということです。
目の前に糸くずがあったとしても、それをじっと見ているわけではないからです。
自分の目の前に存在する風景や光景に焦点を合わせるというようにしていくと段々と糸くずというのは気にならなくなってきます。

さて、あなたにはどのような形のゴミというのが視えるでしょうか。
蚊が飛んでいるというように感じられた人もいるでしょう。
それが飛蚊症というわけです。
大抵飛蚊症が若いうちからある場合、ずっと糸くずを見てきたということになるため、無意識のうちに殆ど見ないようになるということが多いでしょう。

2012年4月17日|

カテゴリー:飛蚊症の原因