2012年6月の記事一覧

飛蚊症の特徴

目の前にごみや蚊のようなものが見えるといった症状を飛蚊症といいます。
原因というのは、生理的なものや加齢などが存在します。あなたもそのような感覚というのは無いでしょうか?


これについては、形は色々あります。糸くずなどや丸い輪が見えるという場合もあるわけです。視線を移動させると、それに合わせてゴミも動きます。明るいところでは余計にはっきり見えます。また、多い人というのは数十個見えるという場合もあるわけです。白いものがバックの場合にこのゴミのようなものがよく見えるというわけです。


この飛蚊症というのは眼の中の硝子体というのが混濁したものであると言われています。硝子体の手術がその治療法ですが、これはかなりリスクが高いものです。そのため、日本国内であれば、手術を行うというのは殆どないでしょう。


また、視力に関しては問題が存在しないため、治療をしないことがほとんどです。生理的な飛蚊症というのは、加齢などではなく若い時から糸くずが見えるといった症状の人々です。そのため、生まれつきと考えても良いと思います。


もちろん、人によっては程度の差が存在することでしょう。また、誰でも同じものが見えるといったわけではないです。実際にはほとんどの人が程度の差はあったとしても、飛蚊症の症状を持っている人もいるわけです。


硝子体の混濁などが発生する原因としては、糖尿病などが原因であるケースも考えられます。そのため、硝子体の混濁などが心配であれば眼科で見てもらってはいかがでしょうか。網膜剥離などの網膜の異常である場合ということもあるわけです。


また、いずれにしても飛蚊症というのを根本的に治してしまう治療法というのは現在の日本国内では存在しないということを理解してください。


ですが、インターネットなどを見ている、飛蚊症でお悩みの方が非常に多いようです。ごみが目の前を飛んでいるわけですから、とても気になりやすいと思います。場合によってはお仕事などに支障があるという人もいるかもしれません。

2012年6月30日|

カテゴリー:飛蚊症の治療

飛蚊症の治療

多くの飛蚊症の方は加齢と共に症状が出るようになります。また、糖尿病といった病気の症状としても飛蚊症が出ることがあります。しかし、加齢によるものではなく若い時から悩まされているという人も多いようです。


さて、この飛蚊症というのは治らないものなのでしょうか?


硝子体の混濁が飛蚊症の原因です。そのため、理論的には混濁を取り除くための手術を行うと治るということになります。ですが、この手術というのは非常にリスクが高いので、日本国内の眼科で行われるということはほとんどありません。


仮に手術をしても、その効果が見られないばかりか逆に悪化するということも多いからです。
そのため、飛蚊症ということだけで医師が手術をするということはないでしょう。


それでは、一生このまま飛蚊症と付き合っていかなければならないのでしょうか。


ネットなどで検索してみると、治療法というのは色々とあるようです。特別な治療をしなくても、継続してサプリメントを服用することによって改善したという人もいるようです。


個人によって飛蚊症の内容というのは異なります。一本だけ糸くずが見えるという人もいますし、十数本も見えるという人もいるでしょう。さらに、飛蚊症だからとはいえ、視力が衰えているというわけでもありません。そういったこともあるため、飛蚊症というのは、日常生活にはほとんど支障が無いことが多いのです。


ですが、この飛蚊症というのは、一度気になるととても不快なものです。なので何とか治したいと考えてしまうのもよくわかります

2012年6月27日|

カテゴリー:飛蚊症の治療

飛蚊症と硝子体混濁

硝子体と呼ばれる物質が眼球の中にはあります。これは、繊維と水分からできておりゲル状の物質です。硝子体の内部が老化によって変質し、繊維と水分に分離していくのです。この繊維が浮遊物となり、眼に見えるわけです。この浮遊物が飛蚊症の正体なのです。


このタイプの飛蚊症というのは生理的飛蚊症と呼ばれていて、病気ではないので心配する必要はありません。これは老化現象であり硝子体の混濁です。


ですが、いつまでも若い瞳を守りたいということであるなら、硝子体が老化してしまわないようにして心掛ける必要があります。目の健康のためには、ブルーベリーやルティンが効果的であると言われているようです。


何故これらが効果的であるかというと、活性酸素を分解してしまう抗酸化作用が高いからです。


さて、あなたはどのようなことを目の健康のためにしているでしょうか。目が疲れた場合は、休息を適切に摂るということが大切です。


ですが、仕事の内容によっては、目を酷使してしまうこともあるでしょう。そのためにも、サプリメントは欠かせない存在であると言えるでしょう。現代人というのは、目にストレスをかけすぎている傾向があるのかもしれません。


そのため、その補完としてサプリメントが必要であると言えるでしょう。目の健康を補う食事というのは日常の食事ではそれほど多くはないのです。どのような栄養素が目に良いかということについては、ネットなどで検索してみるとよいでしょうね。


さらに、サプリメントだけに頼らず、栄養を日常の食事で摂ることができれば、尚良いでしょう。さらに、ストレスなども活性酸素を増やしてしまいます。ストレスが飛蚊症に影響すると言われているのは、そのためだと言えるでしょう。


そのため、ストレスが多いと老化を早めてしまうということにも繋がるわけです。私たちもこれをご覧になっている方々もいつまでも健康な目でいたいものですね。

2012年6月25日|

カテゴリー:飛蚊症の原因

飛蚊症と目薬

目薬を使うと、飛蚊症が気になって仕方が無いという人でも、改善することがあるようです。


飛蚊症は眼の中にゴミのようなものが見えます。しかし、硝子体が混濁して見えているためであって、これは実際にゴミなどが付着しているというわけではないです。このゴミのようなものは、硝子体の中の繊維が見えているものです。


目薬は眼の表面に働きかけるものです。そのため、飛蚊症自体を直接改善するということはできません。しかし、その成分というのは硝子体の老化を抑制することができるため、飛蚊症の進行を遅らせるということができるかもしれません。


飛蚊症というのは老化が原因によるものが多いです。


硝子体が老化しているということになります。もちろん、飛蚊症の症状というのは若い人でもある人はいます。そのような人々というのは、ひどい近視であるという人が多いようです。


そのため、目の疲れを目薬を使うことにより、眼をいたわることができるのです。目薬というのは劇的な効果を求めることはできないのですが、全く無駄というわけではないはずです。特に現代人などは、一日中パソコンを見ているような人もいますし、テレビゲームなども長時間若い頃からやっている人が多いでしょう。


そのため、飛蚊症に若くしてならないようにしたいものですね。眼をいたわって、サプリメントの服用や目薬を必要ならば服用するということを心がけるということが大切です。体は健康であっても、眼の使いすぎというのは多くの人にみられるようです。


あなたの毎日を振り返ってみるとよいでしょう。パソコンやスマートフォンを見ている時間が長くありませんか?


目薬はさすことで目がすっきりするため、悪いことではないでしょう。もちろん、目に関する病気というのは飛蚊症以外にも存在します。そのため、それらを総合的に考えるということが大切でしょう。

2012年6月21日|

カテゴリー:飛蚊症の治療

飛蚊症の症状

老化現象により視力の衰えが出るということはよくあります。


飛蚊症というのは目に関する症状として最もありふれたものです。また、飛蚊症というのはその名のとおり、蚊が飛んでいるように見える症状なのです。人によっては糸くずや黒い点といったこともあります。色々な形があります。


眼の奥にある硝子体というのは線維と水分で構成されているのです。その中の線維が水分と分離し、ゴミのように見えるわけです。眼の中に存在するため、眼をあけている限りは見えるということになるでしょう。


これは、最初のうちは気になるということもあるかもしれないですが、慣れてしまえば気にならなくなってくるでしょう。


飛蚊症という名前は知らなかったとしても、眼の中に存在する糸くずというのは多くの人が自覚していることでしょう。飛蚊症というのは硝子体の中の線維が見えているということになるのですが、見えている景色が暗いといった場合にはあまり見えません。背景が白い場合に最もはっきりと見えるそうです。


そのため、日常生活においては支障はほとんど無いといった症状と言えるでしょう。
気になる場合でも確実な治療法は存在しません。また、自然と治るという場合もありませんので、飛蚊症というのは一生付き合っていかなければならないというわけです。


あなたの眼というのは大丈夫ですか?


飛蚊症ではないという人でも気になるという人でも眼を大切にするとよいでしょう。サプリメントとしてはルティンなどが注目されています。


悪くなる前から飲むことにより、飛蚊症を避けられる可能性があるでしょう。ネットで飛蚊症の情報を入手しても良いのですが悩んでいるというほどでなかったとしても、もし改善するというのであればなんとかしたいと思っている人も多いでしょう。

2012年6月15日|

カテゴリー:飛蚊症の原因

飛蚊症は病気なのか

糸くずのようなものが目の前に見えることを一般的に飛蚊症というのですが、実はそれは正確ではないのです。


ごみのようなものが実際に見えたとしても、飛蚊症というわけではないという場合もありますし、他の病気の症状として飛蚊症が出ているということもあるわけです。


飛蚊症自体というのはそれほど心配する必要があるわけではないのですが、あなたの症状が心配する必要のないものかどうかというのは、検査をしてみないと分からないわけです。


飛蚊症の原因というのは、硝子体の中に存在する浮遊物の影なのです。


カメラとして目を例えてみると案外わかりやすいかもしれません。カメラのフィルムに相当するものが網膜なのです。そして硝子体が網膜の前にあるわけです。硝子体というのはカメラのボディのようなものです。光というのはボディを通じて画像をフィルムに写すというわけです。


ゴミが写真に入るというのは、一体どういう時なのでしょうか。ボディにほこりが付いてしまえば、それが写るのです。浮遊物というのは硝子体の中にあるのです。それ以外には問題がフィルム自体にある場合などです。


網膜やそこから脳につながる神経などに異常が見受けられるという場合にも同様に飛蚊症になる可能性があります。そのため、自分の症状というのが安心できるタイプであるのかどうかということははっきりさせる必要があるでしょう。


重大な目の病気は多くあります。重大ということは、つまり放っておくと失明する危険性があるというわけです。早期発見して早期治療をすれば、失明することはないでしょう。しかし、放置してしまうとどんどん悪くなっていく可能性があるわけです。


眼の病気というのは、ほとんどの場合痛みを感じることはありません。そのために、多くの人が軽く考えることが多いわけです。


インターネットなどで飛蚊症を調べると、生理的飛蚊症というのは心配は要らないと書かれていることが多いです。ですが、生理的飛蚊症であると自分の症状を決めるけるということは大変危険なことなのです。

2012年6月13日|

カテゴリー:飛蚊症の治療

飛蚊症の治療薬

飛蚊症と眼科などの検査で診断されたことはあるでしょうか?
飛蚊症というのは、目の前にごみのようなものが浮かんで見えるような症状のことです。

これは、特別には日常生活において不便であるということはありません。
つまり、目の前に見えていたとしても気にしなければいいような性質のものだからです。
さらに、視力にも影響はしません。
そのため、飛蚊症自体は病気ではないと考えて良いのです。

さらに、治療法というのが確立しているわけでもないのです。
飛蚊症というのは、いつぐらいから気になりだしたかということを知ることも大切でしょう。
加齢により飛蚊症になるという人も多くいるようです。

六十代の場合では、3人に1人が飛蚊症であると言われているようです。
つまり、それだけありふれた症状であるということです。

ですが、飛蚊症で注意が必要なこともあります。
それは、急激に飛蚊症の症状が悪化した場合などです。

浮遊物の数が急激に増えてきたり、時折光が見えてきたりといった症状がある場合は要注意です。
そういった場合、網膜の病気であるケースがあるからです。

網膜というのは視覚を支えている大変重要なものです。
その網膜に異常があるということは、失明する危険があるということになります。

もちろん、全てが深刻な病気であるというわけではないです。
病気として治療が必要な場合と、経過観察だけで済むという場合があります。

ですが、健康な目を歳をとっても保ちたいと考えているのであるならば、眼科に一度受診してみるとよいでしょうね。
飛蚊症によって現れる病気というのは、他の病気も大体そうなのですが、早期治療と早期発見が大切です。

飛蚊症に変化があったら場合は、精密検査を眼科で受けるようにしましょう。

そうすれば安心でしょう。
しっかり眼科で検査をして病気でないということが確認できれば気が楽になると思います。

逆に避けたほうが良いのは症状をネットなどで調べたことだけで判断することでしょう。
ネットで調べても、不安になってしまうだけとなることが多いでしょう。

2012年6月 8日|

カテゴリー:飛蚊症の治療

飛蚊症の手術

ごみのようなものが視界の中に浮かんで見えるといった症状が飛蚊症です。

『生理的飛蚊症』というのは、加齢によるものであり、特に心配する必要はありませんので、眼科にいったとしても、特別な対策(手術など)をすることはありません。

つまり、飛蚊症というのは病気であるとは考えられていないというわけです。

ですが、飛蚊症の症状が長年続き、生活に支障が出るということになってしまうと、手術を考える必要があるかもしれません。
ですが、日本国内であるならば、飛蚊症についての手術を行う眼科医というのは存在しません。
リスクが高いからです。

海外では、飛蚊症を改善するためのレーザー手術というのが行われるようになってきました。
ワシントンの専門家医師のところに、患者が世界中からやってくるのだそうです。
大体5割から7割程度の飛蚊症が改善されるようです。

レーザーによる手術であるため、痛みや副作用もありません。
そのため、安全な手術であると言えるでしょう。
また、硝子体手術という方法もあります。

硝子体手術の場合というのは、副作用や失敗するリスクが高いためにあまり多くの症例がないようです。

手術による、網膜剥離や白内障、感染症などの危険性があるからです。
さらに、術後の場合は、フォローアップのために、診察を必ず受ける必要があります。

そういったこともあるため、アメリカでの滞在期間は最低でも、一週間は必要になってきます。

レーザーによる手術である場合については、特殊なレーザーを使用するため、手術できる眼科医が少ないということもあります。
これは、レーザーによって飛蚊を粉砕するという方法になるのですが、大きさや場所により効果が違ってくることもあり、完璧な除去を保証するということはできません。

ですが、一切何もせずに一生不快な飛蚊症のままで過ごすということを考えると、明らかに効果があるでしょうね。

2012年6月 7日|

カテゴリー:飛蚊症の治療

飛蚊症の原因

飛蚊症というのを、あなたは知っているでしょうか。

名前などは聞いたことがないとしても、糸くずのようなものが自分の眼の中に見えるといった経験を持っている方はいることでしょう。
視線を移したりすると、糸くずも一緒に移動するというふうな症状です。

人によって個人差はあるのですが、蚊が飛んでいるように見えるという方もいらっしゃいますし、黒い輪のように見えるという方もいらっしゃるそうです。

人によって形は様々ですが、原因は同じです。

眼球の中に存在する硝子体というものが混濁してきたために見えてくる症状です。

硝子体というのは、繊維と水分によって作られているのですが、

水分と繊維が分離することにより、糸くずに見えるというわけです。

実はこの症状について、解消するという方法は存在しません。

いつも見えているため、慣れてしまうということがほとんどでしょう。
治療をどうしても行いたいという場合については、手術が必要になります。

しかし、手術についてはリスクが高くて、確実に改善するという保証も存在しません。

そのため、日本では、飛蚊症についての手術を行うということはないといっても過言ではないでしょう。

国外などでは、条件付きではあるものの、手術が実施されるというケースもあるそうですが、これも確実なものではありません。

そのため、飛蚊症についての治療を行うために、国外に行くというのも、無駄と言えるのかもしれません。

飛蚊症の多くの原因というのは、老化によって引き起こされるものです。

若い人が飛蚊症になるケースで多いのは、強い近視によって起きるという場合が多いそうです。
しかし、その理由についてはよくわかっていません。

ですが、老化が起きると体のあちこちが機能低下を起こしてしまうということはあるでしょう。
硝子体についても、同じことが言えるでしょう。
さらに、日常生活を送る上では、飛蚊症で困るということは、ほとんど存在しません。

視力自体が衰えているというわけではないからです。
飛蚊症についての程度というのは、人によってまちまちでしょう。
多い人では、数十本も糸くずが見えるという人もいるそうです。

そのため、飛蚊症などにならないように、サプリメントなどを飲んでいるという方々もいらっしゃるそうです。

2012年6月 7日|

カテゴリー:飛蚊症の原因