2012年4月の記事一覧

飛蚊症と食事

食事で摂取できない栄養ををサプリメントなどで補うという人が最近増えてきているそうです。

人の健康を維持するために、様々な栄養素というのが必要になるのですが、食事だけでそれを補うということが難しいのです。

目の健康などについても、サプリメントが大切なようです。

飛蚊症というのは、眼の中の硝子体というのが老化にともなって混濁していくということで起こるそうです。
虫のようなものが視界に映ってきます。
飛蚊症というのは、それを治すということが困難であると言われています。

ですが、栄養を取ることにより改善する可能性があるということも研究されているようです。

例えば、ビタミンEというのは視力の回復などにも効果があると言われています。
ビタミンEなどを飲み、飛蚊症を改善しようという人がいるそうです。

そのような情報というのは、インターネットなどでは珍しいことではありません。
飛蚊症自体というのは、心配する必要がないのですが、やはり何とかしたいと思うものなのかもしれません。
また、ビタミンEなどは活性酸素を除去するといった働きなどがあると言われています。

また、食事などで考えてみると、アーモンドが一番手軽かもしれません。
さらに飛蚊症が老化によるといったものである場合は、抗酸化作用のある栄養素などが良いわけです。
食事などを考える時でも、抗酸化作用などをキーワードにして、メニューを考えてみるということもよいでしょう。

そうすることによって、飛蚊症の症状が改善されるということもあるようです。
もちろん、それだけで簡単に治るというわけではないのです。
バランスのとれた食事を規則正しく摂るということが前提といえるでしょう。

不健康な生活であるなら、体のいろいろなところに支障が出るということがあるでしょう。
そのため、結果として飛蚊症になる可能性もあると考える必要があると思います。

緑黄色野菜というのはビタミンCなどを一緒に摂るようにしたいものですね。

2012年4月21日|

カテゴリー:飛蚊症の治療

光視症とは

視野の隅がピカッと光って見えたり、光の玉が見えるようになる症状を言います。

原因は老化で小さくなった硝子体が網膜を引っ張っていることから起こります。

光視症は必ずしも網膜剥離や、網膜裂孔の兆候ではありませんが、このような症状がしばらく続くのでしたら、早めに眼科医の診察を受けましょう。

自己判断せずにとにかく一度は眼科で見てもらってください。

2012年4月19日|

カテゴリー:飛蚊症の原因

飛蚊症と網膜裂孔

網膜裂孔といいますのは、網膜に穴があいてしまう、もしくは裂け目が入ってしまう現象なのです。

網膜というのは網膜の眼球の内壁を覆っている膜であるため、眼球から入ってきた映像を認識するための大切なモノです。
そのため、穴が網膜にあいてしまうとそこから網膜剥離が始まっていきます。

そして最終的には失明してしまうわけです。

この網膜裂孔の初期には光が見える光視症と呼ばれている自覚症状があるケースが殆どです。
また飛蚊症の場合には網膜裂孔がある場合もあります。

一般的な飛蚊症というのはそれほど心配する必要はないのですが、光視症と同時に起こるといった場合には要注意でしょう。

網膜裂孔が見つかった場合には、できるだけ早く手術をする必要があるのです。
そのため、早期治療と早期発見というのが要です。

昔と違って失明するというわけではないのですが、処置が遅れて失明するという人もいるわけです。
眼底検査などを行えば網膜裂孔を発見できます。

年齢の傾向としては50代から60代が一番多く見受けられます。
光視症も飛蚊症も老化によるものと考えられています。
それ以外の病気であるということも時にはあるのです。

黒い点や虫のようなものが視野の中に見えるものが飛蚊症というものです。
視点を移動させると一緒になって移動します。

通常は慣れてしまうため気にならなくなるのですが、飛蚊症の症状が急に悪くなってきたり、
視野が狭くなってきたら網膜剥離や網膜裂孔の症状であると考える必要があるでしょう。
そのため、そういった症状がある場合はすぐに眼科で検査してもらいましょう。

若い人には網膜剥離が出るというケースもあります。
ですが、若い人というのは中高年において網膜剥離と別のものと考えたほうが良いでしょう。
症状が同じようなのですが、その後の進行性の仕方が違うわけです。

2012年4月18日|

カテゴリー:飛蚊症の原因

飛蚊症と年齢

体のいたるところの衰えは、年令を重ねるごとに発生していきます。
また、眼というのも同じように衰えていきます。
視力などの低下もあるのですが、硝子体が混濁し、加齢などが飛蚊症の原因と考えられています。
飛蚊症というのは、本来であるならば、透明であるはずの硝子体というのが濁ってしまうといったものです。
成分としては含まれている線維の形が見えるというわけでしょう。
蚊が飛んでいるというように時には見えますので、飛蚊症と呼ばれているわけです。

私たちの体というのは、老化により衰えていくのですが、アンチエイジングなどの考え方により、老化をある程度遅らせるということはできるわけです。
その点については、飛蚊症についてもあてはまります。
さらに、眼にやさしいと一般的に言われているサプリメントなどを服用することにより、眼の老化を防いで、飛蚊症の発生を遅らせるということができます。

飛蚊症というのは、年齢が原因というわけではないという場合もあります。
それは近視です。
近視の程度というのは人によって違うのですが、近視だと飛蚊症になりやすい傾向が強いということが分かっています。

ですが、実は直接的な原因というのは分かっていません。
ですが、飛蚊症になったからといって悩む必要はないのです。
大抵の場合は何の問題も存在しないからです。

結局のところ気にしなければ良いということです。
目の前に糸くずがあったとしても、それをじっと見ているわけではないからです。
自分の目の前に存在する風景や光景に焦点を合わせるというようにしていくと段々と糸くずというのは気にならなくなってきます。

さて、あなたにはどのような形のゴミというのが視えるでしょうか。
蚊が飛んでいるというように感じられた人もいるでしょう。
それが飛蚊症というわけです。
大抵飛蚊症が若いうちからある場合、ずっと糸くずを見てきたということになるため、無意識のうちに殆ど見ないようになるということが多いでしょう。

2012年4月17日|

カテゴリー:飛蚊症の原因

飛蚊症と網膜

硝子体というのは眼球にあります。

線維と水分で構成されており、この線維が水分と分離することによって浮遊しはじめていくのです。
それが眼の中に見える糸くずや虫といったものの正体と言えるでしょう。

この症状というのを飛蚊症というのですが、加齢に伴った生理的な飛蚊症というのは病というわけではありませんので、心配する必要はありません。
しかし、失明の原因となる網膜剥離などといった初期症状の場合などは、飛蚊症になりますので、注意が必要です。
ですが、急に飛蚊症がひどくなったりした場合などにおいては、眼科で精密検査をしてみるという事が大切です。

網膜というのは視力の基となっている部分であるため、眼球の内面を覆っている薄い膜です。
この膜というのは剥がれてしまうと、網膜剥離などといいます。
こういった状態になってしまうと、視力は正常ではなくなり、視野狭窄や視力低下といった症状が発生するわけです。

基本的には、眼の病気という場合においては、痛みを感じるというわけではなく、視覚の異常などが発生するといった場合が多いようです。
眼が見えなくなるということであるならば、眼科に行くということもあるのですが、飛蚊症の場合というのは、支障が日常生活にはないので、病院に行こうと考える人は少ないわけです。
また、網膜というのは外界の光というのを信号に変換しています。
こういった働きによって、人は物見るということができるのです。

そういった重要な役割を果たしているわけです。
最近では、網膜というものに関する検査や治療方法が進んだため、失明をすぐにしてしまうということはありません。

しかし、早期治療、早期発見が原則であるということは変わらないわけです。
自覚症状があると思うのであれば、眼科で観てもらう必要があるでしょう。
問題がなければそれで安心をすれば良いというわけです。

飛蚊症は病気かについてはこちら

2012年4月16日|

カテゴリー:飛蚊症の原因