2011年10月の記事一覧

生理的飛蚊症

飛蚊症といいますのは、眼の中などに、蚊や糸くずなどが飛んでいるように見えることになります。

これは、実際は病気というほどの事ではありません。
実は程度の差こそあれど、誰もが感じているものになります。

近視などは多くの人がなっているため、飛蚊症になっている人というのも実は多いと考えられています。
大半は加齢によって発生しますが、時には糖尿病などが原因で飛蚊症になるということもあります。
これらについては、原因を取り除くということはできません。

硝子体というのは、実は曇のない透明なものであるということが理想となります。
また、飛蚊症の原因となっているものというのは、硝子体の濁りになります。

ですが、いつの間にやら繊維と水分が分離してしまうのです。
その結果飛蚊症となってしまうのです。

つまり、このような飛蚊症というのは、生理的飛蚊症と呼ばれています。
そのため、診察を眼科などで受診したとしても、治療の方法が無いと言われているものです。

実は、自分が飛蚊症であるかということはすぐに分かります。
さて、あなたは飛蚊症でしょうか?
白いものを見てみて、そこに糸くずなどが見えるということであるならば、飛蚊症と言えるでしょう。

飛蚊症は人間として生きている限り、避けられない症状なのでしょうか?
特別な原因などがなく、飛蚊症になるケースを生理的飛蚊症と呼んでいるようです。

眼の病気としては、白内障や緑内障など、直接視力に影響するというものもあるのですが、日常生活においては、飛蚊症というのは支障が存在しないため、一般的には、病気としては考える必要はないと言われています。

実際、誰にでもあると思えば気にならないことでしょう。
ですが、目の前を蚊が飛んでいるという感覚というのは、その症状がない人という人にとっては、ちょっと理解しにくいことと言えるでしょう。
ですが、気にしたところで対策は無いのです。

眼の老化を防ぐためには、ルティンやブルーベリーなどが良いと言われています。
そのため、サプリメントなどを服用するということも良いことかもしれません。

ですが、私としては気にしないことが一番だと思いますけどね。

2011年10月23日|

カテゴリー:飛蚊症の原因